注目キーワード
  1. 退職
  2. 副業
  3. 給付金

プログラミングの知識が無い人が、せどり・物販の独自ツールを開発する方法

  • 2019年9月23日
  • 2019年9月23日
  • 物販
  • 99view

今回の記事を読んでいただくことで、プログラミングの知識が無い人であっても独自ツールを開発するための手法が学べます。

そもそも独自ツールを開発する意味はあるのか

物販だけでなくビジネスを広げていく際に『作業の自動化』が要となります。収入を引き上げるためには、自分の「時間」という最も価値のあるリソースをしっかり確保し、どのように時間の使い方を最適化していくのかが一番重要なのです。そのため、ツールを開発することで作業に必要な時間を短縮できるのであれば、積極的にツールを開発し活用すべきです。勿論既存のツールで代用できればわざわざ開発する必要はないですが、ピンポイントに対応するものが無い場合が大半です。

全ての作業を自動化することはなかなか難しいものであっても、一部の作業、例えば物販におけるリサーチ作業といった機械的な作業であればツールによって自動化することが可能です。最初は完全自動化をいきなり目指すのではなく半自動化を目指し、作業を切り分けてみましょう。

プログラミングの知識が無い人が独自ツールを開発する手順

①自分でなんとかしようとせず、外注にツールの作成を依頼しましょう

自分でプログラミングを学習しても良いですが、まず挫折する可能性が高いですし『時間』が勿体ないです。すぐに必要なツールなのであればお金で時間を買いましょう。もちろん勉強をすること自体は良いと思います。ただし仕事で使えるほどのツールを作るスキルを身につけるまで待つのは時間の無駄です。すぐに必要なのであればすぐ手に入れる方法を探すべきです。

②どういったツールにすれば良いのか

EXCEL VBAによるツールを依頼しましょう。WEBツールの構築には、ツールの仕様にもよりますが軽く30~50万のコストがかかります。サーバー構築まで含めるとそれ以上になるケースが大半です。スクレイピングツール、ファイルの操作などであればVBAでツールを作成するのがおすすめです。コストを大幅に抑えられます。

③どのように外注へ依頼を上げれば良いのか

EXCELに仕様をまとめましょう。スクレイピングツールを作成したいのであれば、「Input」、「Output」という2つのシートを作成し、「Input」にはスクレイピング対象のURLや抽出条件の項目を記載します。「Output」シートには抽出したい項目名と抽出箇所を記載しましょう。つまりEXCEL VBAベースのツールとすることで、こちらがEXCELで仕様の説明、指定がしやすくなるということです。

④誰に依頼を上げればよいのか

クラウドソーシングで探すのが良いです。ただしプログラマーの方は物販の知識に関して基本無い方も多いので、しっかりとコミュニケーションを取り依頼を上げてください。出来上がったものを見たら「思ったものと違う」といったことになりがちですので注意下さい。

メルマガ・LINE@登録者限定で「物販ツール開発」とLINE@でメッセージ下されば、EXCEL VBAベースのツールでよろしければお見積もりさせて頂きます。相場より安価に対応しますよ。※対応できる人数に限りが御座いますのでもしご希望であればお早めにお願いします。

まとめ

自分でプログラミングできない人は、EXCEL VBAベースのものを外注に依頼しツールを作成しましょう。
依頼を上げやすいのでおすすめです。

よろしければ以下ランキングをクリック下さい!著者のモチベーションが上がります!



 

 

最新情報をチェックしよう!
>ハラスメント・鬱でお悩みの方へ

ハラスメント・鬱でお悩みの方へ

申請方法や制度自体知らない方が多いため受給されずに退職される方が多いのですが、正しく申請を行えば、退職時に「国から最大622万円の給付金」を受けられます。社会保険料を納める皆さんの権利ですので受給できるよう丁寧にサポートさせて頂きます。

CTR IMG