注目キーワード
  1. 退職
  2. 副業
  3. 給付金

【完全版】転職エージェントの正しい使い方

今回の記事を読むことで転職エージェントの正しい使い方が分かります。

多数の転職エージェントサービスがあるのでどこを選べば良いのか正直悩みますよね。
転職をお考えの方で転職エージェントを利用されている方は多いかと思いますが、
戦略的に使い分けている方は少ないかと思います。

転職エージェントには正しい使い方というものがあるので、
あなたにとって最適な転職エージェントの使いについてまとめますね。

1.転職エージェントの性質を理解し複数登録すること

転職エージェントは大きく分けて以下の二種類が存在します。
総合タイプは案件数は多いものの提案力が弱いので、
提案力の強い特化タイプのサービスを併用することが大事です。
この二つの性質を理解しサービスを使い分けることが大切です。

①総合タイプ

様々な業種の求人案件を持っている転職エージェントのことです。

リクルートエージェント
https://www.r-agent.com/

doda
https://doda.jp/

マイナビエージェント
https://mynavi-agent.jp/

②特化タイプ

案件数は少ないものの特定の業種に特化した転職エージェントのことです。

アパレル・第二新卒
20代/30代の転職実績が豊富!
https://mynavi-agent.jp/

JACリクルートメント
年収500万以上のハイキャリア向け
http://www.jac-recruitment.jp/

DYM就職
書類選考なし正社員採用率が96%
https://www.dshu.jp/

ワークポート
IT業界に強い!
https://www.workport.co.jp/

type女性の転職agent
女性の新しいキャリアを提案する転職サービス
https://type.woman-agent.jp/

2.アドバイザーの品質を見極めることが大事

登録後にアドバイザーとの面談をセッティングし、
担当となったキャリアアドバイザーの品質を見極めましょう。

良いキャリアアドバイザーが持ってくる求人の質だけでなく、
あなたを企業に売り込むための営業力があるかどうかが大切です。
そのためにはヒアリングの深さが重要になってきますので、
あなたが希望するキャリアパスをどの程度理解してくれるのかも判断基準に見定めて下さい。

まとめ

転職エージェントの正しい使い方をまとめます。
総合タイプ、特化タイプの二種類の転職エージェントを複数登録し、
実際に担当となるキャリアアドバイザーとの面談で品質を見定めることが大切です。

幅広い案件を確認しつつあなたに合うキャリアアドバイザーを見つけましょう。

最新情報をチェックしよう!

退職・転職情報の最新記事8件

>ハラスメント・鬱でお悩みの方へ

ハラスメント・鬱でお悩みの方へ

申請方法や制度自体知らない方が多いため受給されずに退職される方が多いのですが、正しく申請を行えば、退職時に「国から最大622万円の給付金」を受けられます。社会保険料を納める皆さんの権利ですので受給できるよう丁寧にサポートさせて頂きます。

CTR IMG